スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

Fall Breakの旅行

先週のFall BreakにNew YorkとNiagaraに行ってきました。

New Yorkは初めてだったが良かったね。何か良く分からないが魅力を感じ、人生で一度くらいはここで仕事をしてみたいと思わせてくれた。今のままじゃちょっと厳しいだろうけど。

東京と比べるとNYには寧ろ歴史を感じた。1920s、1930sに出来たビルがたくさんあり、当時の重厚で洒落っ気のある建物が結構あった。特にChrysler BuildingとEmpire State Buildingにはびっくり。1930年と1931年にそれぞれ建てられたとのこと。

Chryslerはわからないが、Empireの方は102階建てである。これほどの高層ビルが80年前に建っていた。地震が少ないなど色々理由はあるだろうが、やはりその当時の日本と比較すると、工業力には大きな差があったのだろう。

NYに3日間滞在し、その後日本人の1年生仲間とNiagaraに滝を見に行った。滝はそれはそれで大きく感動的ではあったけど、滝を見た時間はせいぜい1,2時間で、2夜連続で皆で飲んで騒いだ。

今まで個人旅行が多かったが、やっぱり皆で行く旅行は楽しいね。またUNOやろうね!次は大富豪もやりたいね!!
スポンサーサイト
2011-11-01(Tue)
 

偉業への誇り

最近風邪でダウンしてしまった・・・。
ダウンしながらも宿題をなんとかして授業を受けるも、やはりまだ言っていることが良く分からん。
風邪に魘されそのようなネガティブなことを考えつつも、ふと18年前の春のことを思い出したのだ。


「・・・お宅の息子さんは普通科は厳しいですねぇ。商業科にされたらどうですか。」
「お姉さんはあれだけできるのに、何故でしょうね・・・」

最初の自己紹介で「平凡」と謳った0220も、実は中学生まではこと勉強に関しては規格外れの「不良品」だったのである。

口うるさい母親の言うことは反抗して一切無視をしてきたが、最後に「もうしょうがないやん。あんだけ言ったのに何も勉強せんかったのはあんたやねんから。行ける高校に行って、手に職つけたらいいやん」と言われた瞬間に目が覚めたのだ。14歳であったがようやく言われ続けてきたことが何となくわかったのである。

0220は人が変ったように、狂ったように勉強をした。塾に加えて、無理をして家庭教師までつけてもらい、毎日深夜のまで追い込んで勉強した。

結果、0220は馬鹿にしてきた奴らの成績をすべて抜き去った。先生には体力の無駄だからやめろと言われた学校も合格した。中学内では、皆をあっと驚かせたセンセーショルな出来事に違いなかった。


・・・それから18年後MBAに合格し、0220は学歴ではほぼ頂点を極めるに至った・・・(と思う。。)

今英語ができずに苦労しているのは事実である。しかし、この20年間を振り返ってみると、今英語ができるできないなど些細な話でもあるように思える。

きっと更に10年、20年後には、今の苦労も単なる通過点としての、或いは過去のゆきずりの良い思い出でしかないのかもしれない。

そう思いつつ、支えてくれた人々への感謝、運と努力で結果を導きした自分に対する誇りを噛みしめている。

迸る喜びを胸に、毎日初心を忘れず溌剌と第二の青春を過ごしたいものである。
2011-09-14(Wed)
 
プロフィール

0220

Author:0220
年齢:32歳
性別:男
学歴:商学部 (関西私立のD大学)
職歴:外資系化学メーカーの営業 (英語はほぼ使用せず)
海外経験:旅行程度(純ドメ)
好きな食べ物:何でも
趣味:サッカー観戦、読書、食べ歩きなど

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。