スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

総括 Winter A ~授業編

今回は2ヶ月ぶりの更新となってしまった。

さて、前回Financeのテストで靴を履き違えてから早2ヶ月がたったわけであるが、今年に入ってからすでに1単元が終わってしまった。

今回は4つの授業を受けた。Accounting, Operation, World Economy, Business Writingである。

Accountingは秋に受けたものと違い、Cost Allocation, Budgeting, Employee evaluation等細かい計算と言うよりは、もう少し包括的なコンセプトを捉えながら行うものであった。

Operationはその名の通り、いかにOperationをManagementするか?Inventory management、Quality management (6σ)、Project managementなど特にManufacturing系に通じるもの。

0220はメーカーで勤めていたが、さすがにこのような細かい計算をして物事を決定しているとは思えなかったが。

World Economyは秋学期にとっていたがDropしてしまったので、再履修を行った。教授も前回よりRatingが高い人で、授業も分かりやすく結構おもしろかった。国際経済の中での通貨、インフレ、貿易、投資などのさわりを簡単に習った感じ。

Business Writingは一番面白さが分かりにくいクラスであった。要はありがちなWritingの授業で、ほぼ毎週レポートを書かないといけないのが結構面倒だった。

今週晴れて全てのテストとレポートが終了した。出来は良く分からんが、今回はさすがに靴をはき違えることは無かったのが、一つの成長だろう。
スポンサーサイト
2012-02-25(Sat)
 

Fall B 一回目の試験終了

またもやブログを放置してしまった・・・ それ程忙しかったわけではないのだが、何故か今度書こうと思うとそのままになってしまって。

今日はMOと言うOrganization系のテストを受けてきました。

この授業、教授も結構有名な人で、30代教授ランキングで全米でもかなり上位(忘れたが10位~20位くらい)で、プレゼンが超上手かった。英語も比較的分かりやすいし、スライドの文字、絵、言葉の量が申し分なくバランスがとれている。また、話し方も上手く、ちょっとした動作などかなりプレゼンの訓練をして場馴れもしてそう。

で、肝心な授業の中身はというと、結構楽しかった。組織を上手く機能させるにはどうするか?チームメンバーにモチベーションを持ってもらうには?交渉の上手なやりかたは?Autorityがいない時にチームを説得する手順、Innovationを広げるためにどのようなステップで受け入れてもらうか?コンフリクトを抑えるには?などなど。

途中で幾つかのシミュレーションゲーム(エベレストにレスキューされずに登る、B to Bビジネスでのバイヤーとセラーのロールプレイ、新ITシステムの子会社への導入)をチームメートとしたが、普通の戦略系授業とは違い、まだ言葉のハンディがある中でも参加できたかな。

数々のフレームワークを教わり、その中でも幾つか心に留めておくと役立ちそうなものもあった。じっくり読んでいるとまた興味深い。日本独特の滅私奉公やそれに派生する概念、気合と根性など全く存在せず(実際今でも結構このタイプいますよ)、ある種人間の持つ感情をクールにロジカルに割り切って、如何に人とその場の流れを利用するかに着眼されている。

気合と根性はある部分では必要なのだが、結局のところ効果的なAnalysisの基フレームワークを機能させると、モチベーションUPに繋がって、実際頑張るでしょってな感じのAssumptionかと。また、実際の会議で、反対意見を持っている人へのプレッシャーのかけ方、Self-defenceの仕方など、綺麗ごと抜きで細かく定義されている。

ビジネスではまぁフレームワーク通りにはいかないだろうが、知っておくと何かの役には立つかもしれないと思った。

テストは、25問の選択問題と事前に配られたケースから2問のエッセイ問題。お決まりの一夜漬けで頑張りました。覚えきれないフレームワークを何とか叩き込み、意味のわからないケースを寝そうになりながら読んだ。
エッセイの質問はなんか難しかったな・・・。まぁ最低Passはもらえるでしょう。

朝学校に急いで行こうとすると、何と靴が・・・。テストが終わった後、皆と英会話の練習も兼ねて何か話すのだが、今日は人目を避けそそくさと帰りました。
靴
2011-12-15(Thu)
 

新学期の始まり

さてさて、今週から新学期が始まりました。

結局のところ旅行などで遊んでばかりいたので、ほぼ準備もままならぬうちに再開。

今回は、Marketing, World Economy(Macro Economicsに少し近いとのこと)、Organization, Financeである。

本日で一通りの授業を受けた。World Economyは侮っていたが、コールドコールの嵐で結構めんどくさそう。例のごとく手元の資料を読むふりキンチョールで、教授と一切眼を合わさないように逃げてしまった・・・。

Marketingも読む量が半端なく多いし、前のタームと比較すると今回の方が大変かも。明日のMarketing全部読めないだろうな・・・

2011-11-01(Tue)
 

無事にテスト終了

久しぶりのブログ更新です。

今まで何をやっていたかというと、まず2週間前にテストを受けていました。

Micro Economics, Statistics, Accountingのテストを受け、StrategyはGroup Projectで20枚以上のレポートをチームで作成し提出した。

で、結果は・・・、順にGood, Pass, Pass, Passであった。成績は4段階で、Excellent, Good, Pass, Lowpass/failである。

その他はともかくとして、Statisticsは結構予習をやっていたのであるが、テスト勉強を適当にやってしまった上に、テスト中に変に時間を取られて撃沈。少し残念であるが、まぁ仕方ないね。Low Passが無かったので良しとしよう。

これで何となくペースがつかめた気がする。この調子でやろうと思うが、これからはもっと手を抜いてしまうんだろうな。

ちなみに・・・、Low Passをとった奴複数発見!!まぁ、彼らの名誉のためにも誰とは言わないが、やっぱりLow Passはきっちりつけられるんだね。(ちなみに日本人学生ではないですよ。皆0220よりずっと優秀ですから)
2011-11-01(Tue)
 

グループディスカッション 軽率すぎた発言・・・

さて、先日も少しふれたが、ストラテジーの授業の前にはグループディスカッションが毎回行われる。基本的にはケーススタディーの解釈と分析を皆で共有することである。

加えて、ストラテジーの授業はテストが無いかわりにグループプロジェクトが課される。

産業と業績の良い企業、悪い企業をそれぞれ一つずつ選んで、産業構造と企業構造の分析、今後の戦略的提案をしレポートに纏めるのである。

今回のディスカッションでは、後者の方、つまりプロジェクトについて何をやりたいか意見を出し合うことになった。

多分皆やりたがらないのは目に見えていたが、前職で少し知識があり日本企業が頑張っている自動車産業を提案しようと思っていた。

案の定根暗な0220は自分から進んで発言をするわけではないのだが、この日は何とか話を挟もうと努力をしていたのである。

P&Gをやりたい、ハイテクをやりたい、スポーツ産業をやりたいなど、皆好き放題行った後、0220は特に言う必要はなかったが、最後になって、特に何も言わなくても良さそうな雰囲気ではあったのだが、取り敢えず言っておいた方が良いかなと思って、満を持して発言したのである。

僕、自動車産業やりたいね。High Performerは、そうねトヨタイイね。Low performerは・・・、うーんGMね、今苦しんでるネ。そんな感じがイイね。

日本語で表わすと、このような片言の英語で答えた後、すかさず・・・

「それはセンシティブだ。発言を気をつけた方が良い」

とリーダー格の奴に言われてしまった・・・。皆それなりに大人なのでそれ以上は何も言わなかった。

Ann Arborにいると忘れがちだが、ここはDetroit圏である。軽率な発言だった。折角頑張って発言したのだが、残念である。特に英語は発言することそのものに価値を置きがちであったので、良い経験でもあったと思う。

そしてその後話が進み、ハイテクの中でもTVをやりましょうと言う話になった。で、High PerformerをSumsung、LowをSharpにしようと。

面倒なのでこの記事のためにデータを確認はしないが、確かにGlobal販売での勢いで言うと、お隣の国のメーカーに比べSharpは勢いがなさそうである。こちらの家電量販店でも、世界の亀山ブランドなど見もしなかった。

でもね、あなた僕日本人ですよ。僕に注意をしたその舌の根も乾かぬうちに、生粋の日本人を前にして何のためらいもなくSharpがLowだというのもね・・・

ま、小心者の僕は当然何も言えず、シャープについて可能な限りのデータを集める係になっちゃったけどね・・・

その後、ケースについてのディスカッションは、最初に5 forcesというFrameworkを使って産業分析をする時に、ホワイトボードで皆の意見を纏めて書くことになった。簡単な作業だがほんの少し成長したかな。

ただ、その後は途中から意見の相違からネイティブ同士で議論が始まったのもあり、やはりボコボコされ、横っちょで時折ちゃちゃを入れる程度に何か英語らしき単語を発しながら、概して聞いているだけになってしまった。
2011-09-26(Mon)
 
プロフィール

0220

Author:0220
年齢:32歳
性別:男
学歴:商学部 (関西私立のD大学)
職歴:外資系化学メーカーの営業 (英語はほぼ使用せず)
海外経験:旅行程度(純ドメ)
好きな食べ物:何でも
趣味:サッカー観戦、読書、食べ歩きなど

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。