スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

恐るべしIELTS

そろそろ忘れないうちにMBA受験についても振り返っておきたいと思う。

学校にもよるが、MBA受験は大きく以下の4つのステップをクリアする必要がある。1.英語力診断テスト(TOEFL or IETLS), 2.学力診断テスト(GMAT), 3.志望動機・職務履歴(エッセイ・レジュメ), 4.対人テスト(インタビュー)。どれも重要なのだが、若い順番からクリアしていく必要がある。

たいていの純ドメは、おそらく1と2がとてつもなく大きな障害となって立ちはだかる。0220もMBA受験に使った労力が10あるとすると、順番に4,4,1.5,0.5くらいであっただろう。

別途触れつもりではあるが、0220がMBA受験を思い立ってまず取りかかったのがIELTSである。初期はヨーロッパを志望していたこともあり、TOEFLではなくUKでメジャーなIELTSを選択した。

IELTSはL,R,W,Sと4科目あり、トップスクールで必要なのは最低限バンドスコアで7.0以上(最近は7.5)、各科目6.0を下回らない(稀に6.5や7.0もあり)ことである。尚、米国以外の中堅校では、6.5や6.0で条件付き合格を提示するところもある。

0220のMBA受験開始前の英語力がどのくらいであったかと言うと、TOEICで750前後である。会社が外資系だったこともあり、一切家庭学習はしなかったが、週末1,2時間の駅前留学を2年程度続けていた。

そして忘れもしない08年10月に1回目、IELTSを試しに受けてみたが、結果は以下のとおりである。
5.0(L.4.0、R.5.0、S.5.5、W.5.0)

これではどこも行けない。ここからIELTSとの長い付き合いが始まったのである。


スポンサーサイト
2011-09-20(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

0220

Author:0220
年齢:32歳
性別:男
学歴:商学部 (関西私立のD大学)
職歴:外資系化学メーカーの営業 (英語はほぼ使用せず)
海外経験:旅行程度(純ドメ)
好きな食べ物:何でも
趣味:サッカー観戦、読書、食べ歩きなど

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。