スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

IELTS番外編 裏の戦い

0220はIELTSに物申したいのである。それは、ListeningからWritingまで、Instruction合わせて2時間45分間、一切トイレ休憩が無いのである。

もしトイレに行きたい場合には、終了5分前から開始5分後はトイレに行けず、次のテスト答案の配布時も行けない。つまり、試験中に時間をつぶして行かねばならないのである。

0220はかなりトイレが近い。毎回かなり神経質に開始前にトイレに行き、ぎりぎりまで絞りだ
したものである。何時も最後のWritingの時は、貧乏ゆすりを押さえながら試験をうけていたなぁ。

はっきり言って、これは不公平である。トイレに行かないで済む人はかなり得をする。体調管理も実力の内だと言う声も聞こえてきそうだが、2時間45分ですよ?2時間45分トイレに行くななどと言うことは、少し常識外れでしょ。

替え玉受験があって、その対策で厳しくしているようなことをどこかで聞いた記憶があるが、受験生に負荷を強い無いで欲しい。もっとやり方を考えて下さいよ。GMATは指紋認証をやっている。常識的な体調管理内の75分毎にトイレ休憩もある。何か方法あるでしょ。

あと細かいが、ListeningのスペルもListeningの実力とは違う部分にありそうだし、Speakingの試験官の採点のばらつきも気になる。

Listeningは古い会場の場合、スピーカーの近くと遠くでは聞こえ方が全く違う(遠くなど音が丸くなって割れてかなり聞きにくい)。

まあどのテストでも欠点はあるものだが、アナログなだけIELTSはGMATと比較してもこの種の不満足度が多かった。

IELTSはざっくりした成績を知るのには良いが、ギリギリの戦いをしなければならないものにとって(1科目の0.5点などトイレに行くとすぐに吹っ飛ぶ)、本当に実力を反映しているのが疑問が多いテストでもあった。
スポンサーサイト
2011-09-20(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

0220

Author:0220
年齢:32歳
性別:男
学歴:商学部 (関西私立のD大学)
職歴:外資系化学メーカーの営業 (英語はほぼ使用せず)
海外経験:旅行程度(純ドメ)
好きな食べ物:何でも
趣味:サッカー観戦、読書、食べ歩きなど

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。