スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

アメリカの風邪

先週の今日あたりから少し喉が痛いと思い始めたら、週末に悪化して風邪をこじらせてしまった。。

日本にいる時は、5年に1回程度しか風邪を引かず、基礎体力には自信があった。少し喉が痛くなっても、イソジンデうがいをすれば直ぐに治っていたのだが。

それにしても、アメリカの風邪は強烈だ。

水も飲めない程喉が痛いのである。つまり食事もままならない。痛みと咳で夜は良く眠れない。また、仕事なら余程の案件が無い限り当然適当にサボるのであるが、学校は(自分の気持ち的にとても)サボれないのである。

グループディスカッションは涙目になり咳を耐えるだけで結局何も発言せずに終わり、メンバーに心配させてしまう始末であった。

ついに観念して学校付属のクリニックに行って薬をもらった。このあたり、やはり総合大学は非常に便利で安心できる。

そしてアメリカの抗生物質もまた強烈である。1日飲んだだけで、まだ咳は残っているが、あの強烈な喉の痛みが引いたのである。

それにしても、会社で良く風邪をひく人に上司が体調管理ができないなど社会人として失格だ、などと説教をタレていた時、0220も心の中では同調していたが、やはり人間苦労すると優しくもなるものである。今なら、その人もきっと何か理由があるのだろうと思えてくる。

0220も今回風邪を引いた言い訳も色々あるかもしれないが、休養も仕事と思いきっちりと体調管理をしなければいけない。

何だかんだと言いながら、アメリカの生活も少しずつだけど慣れてきた感じがします。
スポンサーサイト
2011-09-14(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

0220

Author:0220
年齢:32歳
性別:男
学歴:商学部 (関西私立のD大学)
職歴:外資系化学メーカーの営業 (英語はほぼ使用せず)
海外経験:旅行程度(純ドメ)
好きな食べ物:何でも
趣味:サッカー観戦、読書、食べ歩きなど

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。